妊活中は飲み会に参加する?宴会やお酒を断る方法・理由

妊活中に飲み会の誘いが!どうしたらいい?
お酒を上手く断る方法はないかな・・・

妊活中でも職場の歓送迎会や打ち上げ、友人同士の集まりなど飲み会の誘いがあるかと思います。
そんな時、参加するかどうか迷いませんか?
妊娠中は禁酒が徹底されます。
それは赤ちゃんの奇形や低体重、流産などのリスクが高まるからです。
一方で、妊活中は必ずしも飲んではいけないわけではありませんが、妊娠の可能性がある以上はアルコールを控えるに越したことはありません。
とはいっても、飲み会の席でお酒をどうやって断ったらいいか考えてしまいますよね。
「妊活しているので」と言える間柄ならどんなに楽なことか・・・
毎回断る口実を考えるのは、ちょっとしたストレスです。
そこで、上手なお酒の断り方や飲み会そのものを欠席する理由をご紹介します。
妊活中のお酒とのつき合い方についても確認しておきましょう。

妊活中のお酒とのつき合い方

まず、妊活中のお酒とのつき合い方を確認しましょう。

妊婦とは違い、妊活中の女性がアルコールを摂取してはいけないという指針は特にありません。
しかし、妊娠したかどうかわからない時期でも、すでに胎児への影響があることが懸念されます。
妊娠の可能性がある場合=妊活中は、飲酒に注意が必要です。
着床時から体内にアルコールがない状態にしておくことを考えると、厳密な着床時期はわかりませんので常に禁酒しておくのがベターです。

また、アルコールを肝臓で分解する際には、活性酸素が発生します。
活性酸素は細胞を酸化させ、老化を促進させる原因といわれています。
妊活中はできるだけ体の老化を防ぎたいという理由からも、アルコールを避けておくと安心です。

でも、お酒の好きな人なら我慢し続けるのも辛いですよね。
どうしても飲みたい場合は、生理がきた直後=リセット日に飲む人が多いようです。
リセットするのは残念ですが、お酒が好きな人なら「生理がきたらお酒を飲めるぞ」と思っておくことで、ショックを少し和らげられるのではないでしょうか。

妊活中、飲み会でお酒を断る理由・断り方

いざ飲み会に参加するとなっても、お酒は控えたいところです。
お酒が好きな人ほど他人にも飲ませようとしてきますが、上手に断って波風を立てずに乗り切りましょう。

その回だけ断ればいい場合

その飲み会の間だけ断ればいい場合は、下記のような理由で乗り切りましょう。

「頭が痛くて鎮痛剤を飲んだばかりなので、お酒を飲むと危ないからやめておきます」
「朝から微熱があって、実はまだ体がだるいのです」
「今日は帰ってからやらなければならない大事な○○(オンラインゲームの対戦、オークションが終了するなど)があるので!ノンアルコールで」
「明日、健康診断があるの。残念だけどお酒はダメなんだって!」
「明日は朝早くに起きないといけないので、今日はお茶でがまんします」

基本的には体調がよくないという前提にしておくと、無理にお酒を勧められることが少なく安心です。
また、夜に大事な用事があるから酔えないという設定も納得してもらいやすいです。
大事な用事と趣味と絡めて話せば、酒の席の話題にもなります。
「夜中に、大好きなアーティストがインスタライブをするので絶対起きていたいんです!」
「インスタライブって何?」
という風に話が盛り上がれば、お酒を飲んでいないことも目立たなくなります。

お酒を継続的に断る場合

一方で、職場などで定期的に飲み会がある場合は違う理由にしましょう。
毎回お酒を断り続けると不自然に思われるので、下記のように「今後は飲まないという方針」を伝えておくと楽になります。

「体質が変わったのか、お酒を飲むと具合が悪くなる(またはお腹を下す)ようになってしまったのでノンアルコールにしています」
「この前の検診で肝臓の数値が悪くて医者からアルコールを止められました」
「もともとお酒はあまり好きな方ではないんです。カロリーも高いし、お茶で充分楽しめるので~!」
「同級生が肝臓がんで亡くなったので、お酒をやめることにしました」

職場で健康診断がある場合「肝臓の数値が引っ掛かった」というと、嘘がばれる可能性もあります。
そのあたりは注意してください。

飲み会に参加する場合の注意点

飲み会に出ると、人間関係が円滑になったりストレス発散になったりといいことがあります。
しかし、参加するにあたって注意したい点もあります。

お店での受動喫煙に要注意

飲み会に参加するとなると、注意したいのが受動喫煙です。
居酒屋では喫煙OKの店がまだまだ多く、宴会の席でタバコを吸う人がいるかもしれません。
参加者の中に喫煙者がいなくても、店内で別の客が吸っていることもあります。

受動喫煙で吸い込む副流煙には、喫煙者が吸う主流煙の数倍~数十倍もの有害物質が含まれているといわれています。
タバコの有害物質は、卵子や精子に異常を引き起こして妊娠率を下げる恐れがあります。
また、妊娠後も流産率が上がったり、赤ちゃんに先天異常が出る可能性が高まったりすることがあります。

もし飲み会に参加するのであれば、事前に幹事に相談しておくと安心です。
「タバコの煙が苦手なので、禁煙か分煙の店にしてもらえませんか」とお願いしてみてはいかがでしょうか。

妊娠していると思われるかも

妊娠可能な年齢の女性が、普段飲んでいるのに急にお酒を飲まなくなると「妊娠しているのでは?」と思われる可能性があります。
余計な憶測を招きたくないから妊活中であることを言わないのに、変にうわさが広まると面倒ですよね。
この後ご紹介する断り方で、はっきり飲まない理由を述べておきましょう。

タイミングが取れなくなる可能性がある

飲み会がある夜は、帰宅が遅くなり夫婦のタイミングが取れなくなる可能性があります。
限りある排卵時期ですから、なるべく逃さずにタイミングを取りたいものです。
排卵日が飲み会の開催日あたりになりそうな人は、その点も考慮しておきましょう。

妊活中、飲み会を欠席する理由・断り方

お酒ではなく、飲み会そのものを辞退する際の断り方をご紹介します。

その回だけ欠席すればいい場合

まず、その時だけ回避できればいい場合の理由です。
当日誘われた場合の理由づけは簡単ですよね。

「先約があるので」
「習い事の日なので」
「歯医者に行くので」
など、シンプルでOKです。

そもそも当日なら、断られる可能性があると思いつつ相手も誘っている可能性が高いです。
その場で行けない旨を伝えましょう。

何日も前から計画された飲み会の場合は、断る理由にも工夫が必要です。

「その日は義母が泊まりにくるので、直帰しないといけないんです」
「北海道(など遠方)から友だちが来ていて、久々に会えるチャンスなので」
「だいぶ前からの先約があって、どうしても参加できません」
「習い事の発表会(スポーツなら試合)なんです」

大事な予定と重なっていることを強調し、「残念ですが・・・」とひと言つけ加えれば印象が悪くならないでしょう。

飲み会を継続的に欠席する場合

今後しばらく飲み会を欠席する場合は、理由をもうひとひねりしましょう。
夜に出かけられないという理由づけには、家族の存在が便利です。

「事情があって(先日飲み過ぎて財布をなくしてしまった、他人に迷惑をかけてしまったなど)、怒った家族から飲み会の参加を禁止されました」
「夫とケンカしちゃって、当分は早く帰るようにしたいんです」

ペットを飼っている人なら、ペットの体調や素行を理由にしやすいかもしれません。
「肺から水を抜くのに毎日通院させなければならなくて」
「帰宅が遅くなると大声で鳴くので隣の部屋から苦情がくるんです」

もしくは少々リスクがありますが、下記のような理由もあります。
職場の人たちと飲み会だけでなく全般で距離を取りたい時に有効です。
「ここだけの話ですが、ローンの返済があって夜アルバイトしているんです・・・」
「実はアルコール依存気味なってしまって、飲んでいる人をみると我慢できなくなるので飲み会は当分参加できません」
周囲はあなたのことを「やっかいな人かもしれない」と思い、深く関わってこなくなるでしょう。

飲み会を欠席するNGな理由

飲み会を欠席するのにNGな理由があります。
それは金銭的な理由づけです。
「お金がないんです」
「今月厳しいから」
「貯金したいから」
といった理由で断ってしまうと、
「じゃあ、おごるよ!」
「給料日後に変更しよう」
こうした返答が来る可能性があります。
さらに断る理由づけが難しくなりますよね。

どんな返しがやってくるのか想定して理由を選びましょう。

飲み会を欠席する場合の注意点

妊活中のため万全を期して飲み会を欠席する場合にも、注意したい点があります。

人間関係に影響する可能性がある

飲み会を断り続けると「つき合いが悪くなった」や「なんだか距離をおかれだした」と思われる恐れがあります。
特に職場の歓送迎会だと欠席する人が少なく、主賓となる人が少し気にするかもしれません。
主賓には別途あいさつしておきましょう。
お菓子やコーヒーなど、重たい感じのしないプチギフトを贈ると潤滑油にもなります。
「今日の送別会はどうしても抜けられない用があって参加できないんです。ごめんなさい。これ気持ちです、1年間ありがとうございました!」
「昨日は歓迎会に参加できなくてすみません。よかったらこれ召し上がってください。これからよろしくお願いします!」
欠席する際のフォローをしっかりすることで、その後の人間関係を少しでもスムーズなものにしていきましょう。

まとめ 後悔しない選択を

飲み会に参加するにしてもしないにしても、後悔しないように自分の気持ちと向き合って決めることが大切です。

乾杯のひと口だけ飲むつもりが、周りに流されて大量に飲酒してしまったり。
妊娠がわかった時に「あの時飲み会に参加して、副流煙をかなり吸ってしまっていた」と不安になったり。
せっかくの排卵日にタイミングが取れなかったり。
結局のところ影響を受けるのは自分自身の体であって、他の人は誰も責任を負ってくれません。
もし心配なら、後悔しないように欠席したりお酒を断ったりする勇気を持ちましょう。
いざ宴会が始まってしまえば、あなたがいないことやお酒を飲まないことを気にする人はいないものです。

逆に参加すると決めたなら、飲み会を妊活中のリフレッシュにしちゃいましょう。
おしゃべりして、美味しいものを食べて、楽しい時間を過ごせばいい気分転換になりますよ。

【参考文献】
「妊活 治療と生活アドバイス (実用No.1シリーズ)」主婦の友社(編集)
「35歳からの栄養セラピー『妊娠体質』に変わる食べ方があった!」定真理子・北野原正高(著)