不妊治療の費用、相場はいくら?助成金についても解説

「不妊治療って、どれくらいお金がかかるの?」という疑問をお持ちのあなたへ。
今回は不妊治療の概要と不妊治療にかかる費用の相場について、詳しくご紹介します。

ただし、不妊治療と一口に言っても、夫婦の年齢や考え方、検査の結果などによって進め方はさまざま。
クリニックの価格設定や、薬品投与の状況によっても大きく異なる場合がありますので、おおまかな目安として参考にしていただければ幸いです。
また、不妊治療の助成金制度についてもご紹介しますので、ぜひご一読を。

不妊治療にかかる費用の目安は?

漠然と「不妊治療はお金がかかる」というイメージを持っている人が多いと思いますが、実際の費用はいくらぐらいなのでしょうか。
ここでは、「内診・超音波検査」、「子宮卵管造影検査」、「血液検査」、「タイミング法」、「人工授精」、「体外受精、顕微授精」の概要と、具体的な費用についてご紹介をしたいと思います。

内診・超音波検査

内診では、子宮などの生殖器に異常がないかを調べます。
また、超音波検査では、子宮や卵巣に異常がないかどうかを調べるだけでなく、卵胞の発育状況や子宮内膜の状態なども知ることが可能です。

費用の自己負担額は、1回あたりおよそ1,500〜6,000円ほど。
内診と超音波検査に関しては、治療内容や回数によって、保険適用になる場合とならない場合があります。
詳しくはクリニックに直接聞いてみてください。

なお、検査の結果、何らかの疾患が見つかった場合はそれに応じた治療費が別途必要になります。

子宮卵管造影検査

子宮卵管造影検査とは、卵管につまりがないかどうかを調べる検査です。
一般的な方法としては、造影剤という液体をカテーテルで子宮内に注入し、レントゲン検査で卵管の通りを確認します。

子宮卵管造影検査は保険適用。
費用の自己負担額は5,000〜15,000円程度です。

血液検査

不妊治療のための血液検査は、月経周期の中で「卵胞期」、「排卵の前後」、「黄体期」など、さまざまな時期に採血して血中のホルモン量を調べます。

費用は、検査する項目の数や、クリニックの設定価格によって大きく異なりますが、だいたい20,000〜30,000円となることが多いようです。

タイミング法

タイミング法とは、超音波検査によって卵胞の発育状況などを確認し、医師に性交のタイミングを指導してもらう方法です。
薬剤を使って排卵を促す場合もあれば、薬剤を使わず自然に近い状態で進める場合もあります。

タイミング法は保険適用になる場合とならない場合があり、それによって費用は大きく変わりますが、だいたい1周期あたり数千〜2万円程度と考えて良いでしょう。

人工授精

人工授精とは、子宮内にカテーテルを挿入して、洗浄および調整した精子を注入する方法です。
人工授精の実施当日までにも、何度か超音波検査を行う必要があります。

費用は保険適用外で、1周期あたり15,000〜50,000円ほど。
排卵誘発剤や黄体補充、漢方の処方などがある場合もあれば、自然に近い状態で臨む場合もあるため、かかる費用は人によって大きく異なります。

「思ったよりも費用がかかってしまった」という人も多いので、心配な人は治療をスタートする前にクリニックに確認しておくのがオススメです。

体外受精・顕微授精

体外受精とは、卵巣に針を刺して体外に吸い出した卵子に、採取した精子をふりかけて自力で受精するのを待ち、体外で培養した後に子宮内に移植する方法です。
一方、顕微授精の場合は、卵巣から取り出した卵子を顕微鏡で確認しながら、ガラス針で直接精子を卵子に注入するという部分が体外受精と異なります。その後の、体外で培養してから子宮内に移植するという工程は同じです。

体外受精や顕微授精の場合は、卵巣から卵子を取り出す「採卵」、受精卵を子宮内に戻す「胚移植」、採取した卵子を次回以降の移植で使うために凍結保存する「胚凍結管理」の、それぞれの過程で費用が発生します。

治療の方法や、クリニックの方針によって費用は大きく異なりますが、目安としては1周期あたり30100万円ほどです。


具体的なケースごとの費用例についてご紹介しましょう。

順天堂大学医学部付属順天堂医院の公式サイトより引用 )

【体外受精+胚移植の場合】
採卵(卵採取+精子培養+受精卵培養) ¥231,000
胚移植 ¥88,000
計 ¥319,000

【顕微授精+胚移植の場合】
採卵(卵採取+精子培養+受精卵培養) ¥231,000
顕微授精 ¥55,000
胚移植 ¥88,000
計 ¥374,000

【体外受精+胚移植+余剰胚凍結の場合】
採卵(卵採取+精子培養+受精卵培養) ¥231,000
胚移植 ¥88,000
胚凍結管理1-3個(1年分管理料含む) ¥66,000
計 ¥385,000

【顕微授精+胚移植+余剰胚凍結の場合】
採卵(卵採取+精子培養+受精卵培養) ¥231,000
顕微授精 ¥55,000
胚移植 ¥88,000
胚凍結管理1-3個(1年分管理料含む) ¥66,000
計 ¥440,000

【体外受精+胚凍結+凍結融解胚移植の場合】
採卵(卵採取+精子培養+受精卵培養) ¥231,000
胚凍結管理1-3個(1年分管理料含む) ¥66,000
凍結融解胚移植 ¥143,000
計 ¥440,000

【顕微授精+胚凍結+凍結融解胚移植の場合】
採卵(卵採取+精子培養+受精卵培養) ¥231,000
顕微授精 ¥55,000
胚凍結管理1-3個(1年分管理料含む) ¥66,000
凍結融解胚移植 ¥143,000
計 ¥495,000

※上記の費用のほか、採卵前の準備費用(排卵誘発剤・ホルモン検査・超音波検査など)が別途かかります。

タイミング法や人工授精などの「一般不妊治療」に比べて、体外受精や顕微授精などの「高度生殖医療」は、とても高額。

公式サイトで費用を公開していないクリニックも多いので、ステップアップを検討している人は、まずはクリニックが開催する体外受精セミナーなどに参加して詳細を確認してみるのがオススメです。

国や自治体の助成制度が活用できる場合も

特定不妊治療助成制度

不妊治療の経済的な負担を軽減するため、不妊治療にかかる費用の一部を国が助成してくれる制度があるのをご存じですか?
国の支援事業では、体外受精や顕微授精を受ける夫婦に対して、条件を満たした場合に限り、初回の治療で30万円(以後1回につき原則15万円)までの助成を行っています。

■対象者(年齢、所得)

  1. 体外受精・顕微授精以外の治療法では妊娠が見込めない、または極めて可能性が低いと医師に診断された、法律上の婚姻をしている夫婦
  2. 治療期間の初日における妻の年齢が43歳未満である夫婦
  3. 夫婦合算の所得ベースが730万円以内

■対象となる治療

体外受精、顕微授精のみ

■給付の内容

  1. 体外受精・顕微授精にかかった費用に対して、1回の治療につき15万円まで助成。
    (初回の治療に限り30万円まで)
    ※凍結胚移植(採卵を伴わないもの)等については7.5万円助成。

  2. 体外受精・顕微授精のうち「精子を精巣又は精巣上体から採取するための手術を行った場合」は、(1)のほかに、1回の治療につき15万円まで助成。
    (初回の治療に限り30万円まで)
    ※凍結杯移植(採卵を伴わないもの)は除く。

【通算助成回数】
初めて助成を受けた際の治療期間の初日における妻の年齢が
・40歳未満の場合は6回まで
・40歳以上の場合は通算3回まで

医療費控除

医療費控除とは、確定申告を通して行う税金の減額措置のことです。
保険適用外の治療についても控除の対象となっているので、不妊治療全般や、不妊改善のために購入した漢方薬の費用、不妊改善の鍼治療などにも適用されます。

不妊治療において医療費控除を受ける場合の条件は、下記のとおりです。

  1. 納税者が、配偶者および親族のために払った医療費であること
  2. その年の1月1日~12月31日までに支払った医療費であること
  3. 医療費総額から不妊治療の助成金や生命保険の給付金などを差し引いた差額が、10万円以上であること

医療費控除の明細書を作成する際に、医療費の領収書が必要になりますので、捨てずに取っておくようにしましょう。

高額療養費制度

体外受精や顕微授精以外の場合は、「高額療養費制度」を利用することで、治療費の一部が返金される場合があります。

高額療養費制度とは、1ヶ月(1日~末日まで)にかかった健康保険の対象となる医療費が自己負担額の上限を超えた場合に、超えた分の金額が返金される制度のことです。
健康保険が適用される一部の検査や治療については高額療養費制度の対象となります。なお、1ヶ月の自己負担の上限額は年齢や所得に応じて決められているので、確認してみてください。

自治体独自の助成制度

国の助成制度だけでなく、自治体で独自の助成制度を設けている場合も。
たとえば東京都では、体外受精・顕微授精だけでなく、不妊検査や一般不妊治療にかかった費用についても5万円を上限に助成してくれる制度があります。
ぜひ、あなたが住んでいる地域の保健局のホームページもチェックしてみてくださいね!

不妊治療にかかる費用のまとめ

今回は不妊治療の概要と不妊治療にかかる費用の相場、助成制度について、ご紹介しました。最後に改めてまとめてみましょう。

【不妊治療にかかる費用の目安】

  • 内診・超音波検査 1,500〜6,000円ほど
  • 子宮卵管造影検査 5,000〜15,000円ほど
  • 血液検査 20,000〜30,000円ほど
  • タイミング法 1周期あたり、数千〜2万円ほど
  • 人工授精 1周期あたり、合計15,000〜50,000円ほど
  • 体外受精・顕微授精 1周期あたり30〜100万円ほど

※クリニックの価格設定や、薬品投与の状況によっても大きく異なる場合があります。

不妊治療は保険適用外になる項目が多いため、高額になりがち。
国の助成制度の対象になる場合もあるので、活用できるものはどんどん活用して、少しでも負担を減らしていきたいですね!



**********

参考文献:
『不妊治療を考えたら読む本』
『やさしく正しい妊活大辞典』

参考資料:
厚生労働省「不妊に悩む夫婦への支援について」

東京都福祉保健局「不妊検査等助成事業の概要」